スケジュール一覧

 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年10月20日Fri [00:00] ゲーム関連:携帯機  

序辺-01

仲間との出会い
そして、物語が始まる

みたいな感じでしょうか、要約するとw
(FF3ネタバレ注意)

序辺 <仲間との出会い>



始めは主人公1人で始まるります。

この主人公の名前は「ルーネス」
物語は、この主人公が洞窟で穴に落ちてしまったところから始まります。
そして、ルーネスが「クリスタル」と言う物に出会うことで、この先の物語が始まる訳です。


「クリスタル」


これはFFシリーズ共通して重要な鍵を握るものなのです。
では、これは一体何なのか!!!

クリスタルは基本的に4つあります。

 風のクリスタル
 火のクリスタル
 水のクリスタル
 土のクリスタル


まぁ、ゲーム(またはファンタジー)が好きな人ならなんとなく判ると思いますが、
いわゆる大四元素な訳です。
このクリスタルが、FF3の世界を造っていると言うニュアンスですね。

このクリスタルに危機が訪れ世界崩壊の危機に直面していると…
その危機を救うのが、この主人公だと言う設定です。


まぁ、主人公にとっては良い迷惑ですがねw
普通じゃありえないっすよね。
いきなり、
「お前は選ばれた人間だ!!!この世界を救うのはお前の役目だ!!」
って言われて、何人の人が「了解!!」っていきなり納得できるのでしょうか?w

まぁ、そういう事を言われても、すぐに「了解」って出来る人が選ばれてるって言う事なのかもしれませんが…


話しを戻すと、ルーネスが風のクリスタルに出会うと、
[仲間を集めてもう一度、このクリスタルの前に来い]
との事…。
そして、言われた直後に辺りが光で包まれて、気が付けば地上に戻されいるのです。

と、こんな形でまずは仲間を探す事に…
しかも、仲間なんて何処に居るやら検討も付かずに物語りは始まるのです。

まぁ、ゲームを始めれば、村にちょこちょこっと行けば、否応無しに仲間が増えていく訳ですけどねw


では、ここで仲間達(主人公達)をちょいと紹介いたしましょう!!!

ルーネス
  FF3のメインの主人公(?)的な存在。なかなかの毒舌やろうw
アルクゥ
  ルーネスとは幼馴染みの弟的な存在。ちょっと頼りない感じも…
レフィア
  FF3の唯一の女性キャラ。男らしい頼もしい鍛冶屋の娘。
イングズ
  冷戦沈着なイケメンキャラwいつも冷静なサスーン城の剣士


と、それぞれキャラクタに個性豊かですね。
こんなキャラクタ達が、これから始まる大冒険に出るわけです。

そして、この4人が仲間になって始めて、もう一度風のクリスタルに導かれる訳です。


そして、クリスタルの意思を聞き、冒険へと旅立つのです。


ちょっと、内容を端折ったので、掻い摘んでお話ししま~す。

まず、地上に出たルーネスは自分の村に帰ります。
すると、ルーネスの幼馴染み「アルクゥ」が、
隣村の「カズス」で、お化けを見た見ないでいじめられているのを発見
そのいじめている奴等を追っ払うと、
「アルクゥ」が「カズス」へと一人行ってしまう。
それを追いかけルーネスじゃ「カズス」へと向かう訳です。


そして、「カズス」に到着すると、アルクゥ以外、村には誰も居ない…
しかし、宿屋に行くと声が聞こえる!!!
お化けか!!!と思ったが話しを聞くと実は、
悪い奴「ジン」に呪いをかけられ幽霊にされてしまったとの事…。
お化け騒動の真相はこれだったのですね。
そして、その宿屋に「シド」と言うお爺さんと出会い、
そのジンを倒して欲しいと頼まれ、退治する事に。
その代わりに飛空挺なるものを貸してもらえる事に。
これで、ジンが居ると言う洞窟に行ける様になる訳です。

実は、ジンを倒すのにはミスリルの指輪が必要だという…。
このミスリルの指輪が作れるのはこの村の鍛冶屋なのだが、
この鍛冶屋の店主も幽霊にされてしまい、作る事も出来なくなってしまったとの事。


ひとまずルーネス達は、その飛空挺があると言われる場所に言ってみると、そこには「レフィア」が。
レフィアは鍛冶屋の娘だと言う。
ルーネス達は、レフィアにミスリルの指輪を作ってくれと頼むが、
鍛冶屋の勉強をサボっていたので、作る事が出来ないとの事…。
しかし、「サスーン城」に昔親が作ったミスリルの指輪があるとの事を聞く。
と言う訳で、まずはサスーン城に行くことに。
そして、親や村の人達が幽霊にされてしまったのを元に戻したいと、レフィアも仲間になる。

そこでルーネス一言。
「良かったよな。サボっていたおかげで幽霊にならなくてすんだんだもんな。」
(一言多いって言われるタイプですね、ルーネスはw)


飛空挺を手に入れ、サスーン城に行くと、入り口に一人の剣士が立っているのです。
そこに唯一、幽霊にされていない剣士の「イングズ」が。
ジンを倒すために必要なミスリルを王様に借りに来たと、ルーネスは話す。
すると、王の間まで来るように伝え、先に行く。
そして王の間に行くと、幽霊に変えられた王の姿が…。
ルーネス達は、事情を話しミスリルの事を聞くが、王様も持っていないとの事。
実はミスリルのリングは王女の「サラ」が持っているとの事を聞く。


しかし、その王女サラが見つからないとの事。
もしやジンのところに連れ去られたのか!!!
と、言う事になり、ルーネス達はジンの住む洞窟へ。
この時、イングズもルーネス達と一緒に付いてきてくれるとの事。
王様も、イングズ達によろしく頼むと伝える。



そして、ジンの住むアンデッドモンスター達が渦巻く洞窟へ。
何度か魔物と戦いながら、着実に進んでいく訳です。
すると、ある程度進んでいると、なんと王女サラが居るではないですか!!
実は、連れ去られた訳ではなく、王女一人でジンを倒しに来たとの事。
なんとも頼もしい(いや無謀な)王女だこと。


ここで、王より命を受けたイングズが、王女サラは危ないので帰れと言うが、
無論聞くわけも無く(そりゃ一人で乗り込んじゃうくらいの強気な方ですからw)
結局一緒に付いて来てしまう訳です。


と、付いて来て、戦闘にも参加するのですが、
足手まといになるどころか、むしろ主人公たちよりも強いんですけどw
たまにしか攻撃してはくれないものの、
傷ついた時に、傷を癒してくれる「ケアル」などを唱えてくれたりしてくれる訳です。
伊達に、一人で乗り込んだ訳じゃないみたいですw


そして、サラと一緒に洞窟の奥へと進むと「ジン」が待ち構えています。


すぐさま、王女が持っているミスリルの力で、ジンを封印しようとするのですが、
力をつけたジンには全く歯が立たず、封印する事は出来ません。
すると、ジンにとってミスリルの力を使う忌々しいこの仲間達を、
消してしまおうと襲い掛かってくる訳です。
瀕死になりながらも、ジンと戦い相手を弱らせる事に成功。


その時、サラが再びミスリルの力をジンに向けて放つ!!!


戦いで力が弱まったジンは、ミスリルの力に抵抗する事が出来ず、
ミスリルのリングの中へと封印されてしまうのです。


そして、この戦いを終えたこの4人はこの後クリスタルの力により、
クリスタルへと導かれるのでした…。



と、まぁこんな感じですかね。

いや、結局長くなってしまいましたねToT
最後のが難しい…

そして、これで物語がわかるのだろうか…。

せっかくレビューしていても、面白そうに思えない感じだったらだめだからなぁ~。
まぁ、これが限界かなぁ…。

という訳で、この続きは次回!!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。