スケジュール一覧

 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年11月01日Wed [00:00] バンド関連:その他  

偶然の出会いってさ。

時と場所が点で結ばれ

偶然という名の運命で

出逢いは形成されている
     (アシッド フレーバー Tei)

恋の空騒ぎの前ふりでありそうな文章…
(それを意識して書いてみたw)
夜道、一人ふらりふらりと帰る途中…



携帯を探す為、光のある場所へと進み行く。

街灯よりも明るい自動販売機の前で、カバンを漁る。



なかなか携帯が見つからず、1・2分が過ぎた…。



携帯を取り出した俺は、メールと着信履歴を見る為に携帯を開いた。

メールの受信に気が付き、メールを見た。




友からのメールに、返信をする俺。



直ぐには、なかなか気の利いた(面白い)言葉を見つける事が出来ず、

そのまま闇の道へと、また進み始める…。



心地の良い風にさらされながら、友への返事を考える。



すると、そこに背後から車輪の回る音が、思考の脳を邪魔する。

俺は速度を遅め、その車輪の雑音が過ぎ去るのを待った。



しかし、その車輪の雑音同時に速度を遅めた。


なっ、なんだと!!!!
俺の思考の邪魔をしようというのか!!!!
まっまさか、背後から俺を狙っているのか!!!!


余計な妄想が、思考を奪う。



携帯を見続けているフリをしながらも、
全神経を耳に集中させ、自分との距離を測った。



少なくても、この距離は5m以内だ!!!



自分の速度に合わせて、間をとっているのを感じる。


明らかに狙いは、俺だ。
来るなら来い!
いつでも準備は出来ているぞ!!!!



心と体の準備を整え、臨戦態勢へ
俺は更に全神経を耳に向け、後ろから来る物に集中した。








「あっ、Teiさん?」








Σ(-o-)ハッ!!!!




この声は!!!!
そして、この呼び方は!!!!!





と、振り向くとそこには素敵な笑みを浮かべてこちらを見る青年。





って、Ryo兄さんじゃないですか~~~~!!!!!!w






なーーーーーーーーーんだよーーーーーー~~~~~

それならそれと、早く言ってくれればいいのに~~~~!!



危なく、

「秘儀・双輪柄鞍馬両脚蹴」

をお見舞いするところだったじゃないか!!!!





って、まぁバカな事をつらつら書きましたが、
ようは、夜にRyo兄さんと偶然出会ったって事ですよw


いや、マジすげ~~~偶然だと思いませんか?



だってよだってよ。

例え、地元が一緒だとはいえ、目的地はかなり違うのさ。
そしてそして、時間で考えたとしても、24時間の中でその時間にそこに居るという偶然は確率で考えると凄いよw


仮に俺の帰る道のりの内、Ryo兄さんに出会えるだろう距離はたった100m弱。
それを時間を考えると1分弱。

1日の中でRyo兄さんに俺が出会える時間の確率は
24時間*60分の内の1分。
この時点で、俺がRyo兄さんに会う確率1/1440
更に、Ryo兄さんが俺に会う確率も計算にいれ
1/(1440*1440)=1/2073600
そして、俺の帰る道のりでRyo兄さんと出会う確率は、
100m/5000km(帰路)=1/50
更にRyo兄さんが俺と出会う道のりの確率は、
2/3
それをあわせて2/150=1/75
それを時間の確率に掛け合わせて
その日にその時間に出る用事がある前提で、そこで二人が出会う確率は


「1/155520000」




あははははは


なんたらフレーバーって言うところの、
なんとかじゅっていう木の棒を持って物を叩いている人は
変なもん見せるな!!!
と怒って途中で読むのをやめたはずだ!!!!w



って、

こんな適当な式はありません!!!!


そして合ってませんw
計算式を出したかったんです!!!!



まぁ、そのくらい偶然だと言いたかった。


ってか、携帯を俺がすんなり見つけてたら、Ryo兄さんとは出会うことは無かった訳ですよ。
実は、その前にコンビニにも寄っていたのですが、
本当は、もっと先に進んでからコンビニに寄る予定だったのですが、
どうしても、その前に寄らなきゃ行けなくなってしまって立ち寄ったのですよ。
それも加味されて、今回このような結果となった訳です。



いや、マジすげ~~~~~~!!!!



元を正せば、Ryo兄さんと出逢った事自体、
これよりももっとも~~~~っと確率が低いわけですが…




まぁ、それはさて置き

後ろにつかれた時は、本気で後ろかなり警戒しましたね。

「いつでもかかって来いやコラ!!!!」

状態でしたからw




まぁ、何はともあれその後、なんか懐かしい感じを覚えつつも、
二人で途中まで一緒に帰ったとさw
(途中で帰る方向が変わるので…)



いや~~~~~偶然ってすげーーーー恐ろしい
って感じましたね






「そして、とても素敵なものですね♪」




と言う訳で、綺麗にしめてみたいと思いますw
今回は偶然の産物をお送りいたしました~~~~~!!!











このタイトルだけ見ると、

どこかの出会い系サイトの売り込みみたいw
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。