スケジュール一覧

 スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年07月24日Thu [00:00] バンド関連:活動  

ついに完結…

と言う訳で、3作目になりましたw

最近、DSではDQVが出ましたね。

まぁ、本題とは関係ない話ですが…
前回、ステージ裏についたところまで書きました。
読んでないと言う方は、この前のBLOGを読んでみてください。



と言う訳で、続きを!!!


ステージ袖でスタンバイする俺…。

自分は極度の緊張しいなもので、ここにいるといつもは凄い緊張状態で
ドキドキ状態になっているのですが、この日はなぜか違いましたね。

興奮状態では確かにあるんですが、それより心にある使命感と言うべきか
なんかそういう気持の方が上回っていて、冷静な気持ちでいられました。


会場に流れている曲が徐々に変わって行き、
会場に歓声が上がり、盛り上がりが高まって来るのが、わかった時


「Go!!」


と、自分にスタッフさんが合図

ステージへ行く俺
そして、ステージ中央につく

「Whaaaaaaaaaaaooooo!!!!!!!!!!」

湧く会場


一礼をして、いつものポジションへ


メンバーが次々に出てくる
そして、ステージ中央へ

「Whaaaaaaaaaaaaaaooooo!!!!!!!!!!」

更に湧く会場
大歓声で迎えられるメンバー


それぞれのポジションにメンバーがつく


自分は、それぞれの位置と状況を把握しつつ、
自分の気持ちを整えながら1曲目が始まるのを待つ…


この時の感覚は、なんとも例えようのない空気感


そして1曲目…



 「Evlove」



あの始まりのギターリフが終わった後、自分の中のスイッチが切り替わる



スイッチオン!!!!!



と、言った感じでライブが始まった訳です。
何となくそれっぽく書いてみましたが、伝わるんだろうか…w


と、ここからはもうLiveモードです。

「Evlole」は、いつものように疾走感を大切にやりましたね。
そして、Bメロ恒例の全員動けやゴラァァァーーーーの部分も
無論、しっかりやって頂いて来ました。

そして続いては、
 「Primary Blame」
 「ENISHI」

と続けざまにやりました。

「Primary Blame」は、いつも通り、激しさと切れを出してたつもりです。
いつも思うのですが、この曲は自分としてはどうしても形(動き)にこだわって表現したい曲なんですね。
自分の中にある「陰」を打ち砕く「怒」というか、激しさと言うか、ジレンマと戦う感じが出るんです。
それが一番動きに出せる(表現出来る)んじゃないかと思うんですよね…。
そんなつもりで表現したつもりです。

あと、すげー余談ですけど、
この曲 ムカつく事にドラムが凄くかっこよく見える…
腹立たしいわーーーー!!w
でも、あのドラミングはリハでも見入ってしまうくらい自分は好きですね。
あぁー腹立たしい!!!


「ENISHI」は、1日目と同じくJEという事で、とても大切な曲だと思って弾いてました。
自分としては「流」を意識しながら、フレーズを詠ってたつもりです。
日本とヨーロッパが色々な意味で繋がれば良いなと思いながら演奏をしてました。
ちゃんと伝わってた気がします。
何となくだけど…
でも、確かに感じるものが自分にはありました


そして、MCへ


まぁ、相変わらず凄いな
よくもまぁフランス語をしゃべるしゃべる!!
本当に素晴らしいですよ、SHIGERUさん

ちゃんと伝わってましたよ現地のFANの皆様に

あそこまで凄いと嫉妬する以上に俺の心が折れるわ!!
なんて思ったり…


自分はしゃべりたくないけどな!!
緊張しいな上に、日本語じゃ通じない場所でしゃべるとか
マジありえない!!

と、思いながらMC聞いとりましたw


そして、MCも終わり曲へ!

 「Across the Sky」
 「Don't Wanna Say」
 「Mirage」


といった3曲を、怒濤の連続演奏!!


「Across the Sky」は、サビ前とかにRyoさんとの同期(リンク)を意識しながら弾いてたりする訳ですよ。
なもんで、目と目を合わせて意識して演奏したい のですが
ステージが広かったのもあり、そういう事をするのが難しい!!!
っていうか、俺の視力が悪い!!!
なもんで、ちょいちょいっと寄って行ったりしてました。


「Don't Wanna Say」は、そりゃーね、言わないでも分るでしょ?w
ボーカルの場所をぶんどって前に出させて頂きました!!!何か文句でもある?w
と言う訳で、お客さんに歓迎されたので調子に乗ってみました!!
この曲は、もうね疾走感と熱さで突っ走り切りましたよw


「Mirage」は、演者の為の曲なので!!
ってな勢いで、3人でパワフルに演奏しておりました。
んでもって、あの間奏部分ですが…

あはははは、ここは日本もヨーロッパも変わらないね
つーかリズム取る場所じゃないか
取らせようとしてる、俺達が悪いんだけどねw

まぁ、あそこは自分達がお客さんが
「えっ?何?どうしたらいいの?」
ってなるのを楽しむ所なので!!!!!

ヨーロッパの皆々様も
「What?????」
的な感じになっておりましたw


そして、ちょいとMCを…

まぁ、前のMCもそうでしたし、この時のMCもそうでしたが
「RIYOU-------」
って声が飛び交っておりますねw

ちなみに
 R・I・Y・O・U
ですからねw(俺にはそう聞こえた)

やっぱり海外の方は、裏の発音があるので自分にはそう聞こえてしまうんですよね
でも、初めてのパリ公演にも関わらず歓迎して頂けているのに凄く感謝です。
まぁ、初めてなのにそんなコールが掛かる貴方がすげーーよ、オイ


なんて思いながら、ラスト2曲に!!!


最後の2曲はヨーロッパの皆々様の心に残るよう全力を尽くすのみ!!!!
と再度心と体に気合を入れなおし、いざ演奏へ!!

 「Trippin'Out」
 「Next Story」


「Trippin' Out」は、面白かったですねw
何が面白かったかと言うと、演奏中に前に出て行った時
ステージの袖にスタッフが居るのでそっちの方に遊びに行ったんですよ。
日本でも、袖とかにスタッフがいると割といじるんですね、俺w
海外だとどういう反応取るかなぁ~と思ったら、
超のってくれました!!!

いやーーー有難いw

あれってテンション上がるんですよねぇ~
良かった良かった
なーんてお遊びもしてたりします。
だって、スタッフさんだって楽しめたら良いじゃん!!って思うんですよね。
そこにいる皆様がお客さんですからね。


そしてラストを飾る「Next Story」
これは、会場が一体になれたと思ってます。

イントロとかでワイパーをして貰ってるんですが、あれってこっちから見るととても気持ちが良いんですよね。
皆が一体となって動いてる姿を見ると、正直感動します。
なんと言うか、FANと一体になれているというか、音楽と人が繋がった瞬間というか…
それもあって、Nextが最後にやりたいと思うんですよね。

是非、皆様ライブで聴いた際はワイパーを一緒にしてくださいね。
それを見ると、120%の笑顔が出ますよ♪
まぁ、いつも皆様がしてくれるので120%の笑顔が出せてますけどw
もちろん、ヨーロッパでも皆様がしてくれたので、120%の笑顔が出ましたよ!!


とかなんとかやっている合間に、終わりが来てしまう訳です。
なんとも、あっという間に終わってしまった感じがしましたね。


演奏が終わった後、メンバー全員で一礼をしまして、今日の演奏を終えた訳です。
大きな歓声を頂きながらステージからはけて行った訳です。



そして、ステージ裏に戻って一息入れようと思っていると
鳴りやまない歓声がずっと聞こえている訳ですよ。

とても嬉しい限りですよ。



そんな事を思っていたら、歓声がアンコールになりまして…
本当に有難うございます。
感謝の限りです。



すると、スタッフさんが来てアンコールを と言う形になりまして
アンコールが出来る事になりました。


マジ、嬉しすぎます。
どうも有難う…


この感謝の気持ちをもう一度演奏という形で出来る事に感謝しながら

再びステージへ!!!



と言う訳で、アンコールは
 「10-years AFTER」
を演奏しました。


これに関しては、もうお客さんに感謝と言う感じで、演奏もステージングもしました。
それ以外に何も考えてなかった気がします…。


最後の演奏をしている時、色々なところを見ながら、色々感じました。
それは、何だって表現できる事じゃないんですけど、
でも、確かに何か自分の中で感じたものがありました。

なにか大切な物が心に刻まれたなって思いましたよ。
そんな事を思いながら演奏をしてました。



そしてあっという間に演奏を終わり
メンバー全員で一礼をして締めた訳です。

この時、色々な事に感謝しつつ、一礼しをていました。


終わった後も、興奮は当分冷めず、良いライブが出来たなぁと思ってました。

今改めて考えても、本当に素敵な体験が出来たなぁ~と、つくづく思います。
と言う訳で、改めてお礼を書こうと思います。


JAPAN EXPOでのライブを未に来てくれたヨーロッパの皆々様
そして、色々面倒を見て頂いたJAPAN EXPOのスタッフ&関係者の皆様
そしてそして、前回のべルギーそして今回のパリの2度もお世話になり
色々応援して頂いているRAMEN EVENTSのメンバー

本当に有難う



と、そんな貴重な体験をしてきたパリ公演でした。


きっと、この貴重な体験は今後の日本の活動でも大きく繋がってくると確信しています。
そしてなにか新たな想いを皆様にも伝えたい!!って思ってます。

どんな形になるかは今自分でも分からないけど…


そんな訳で、超長く(3回分にもなったしw)なったけど読んでくれて有難う
今後のLiveを楽しみに待っていてね♪

以上!!!
スポンサーサイト

Re Comments.

『完結編。』 
ステージ裏での話。

Mirageの裏話…。

Liveでの演奏姿を見ているだけではわからないので、読んでいて楽しかったです(^∇^*)
お疲れ様でした♪
2008/07/24(Thu) 13:30:09 | URL | ちあきさん #-[ Edit.]
『ありがとう』 
フランスじんです。 日曜日はコンサートでいった。 すごいでした! あたしわTeiのまえにいった。Teiはほんとうにかっこいいでした.あのコンサートについてはありがと。ほんとうに。 ゆめでした。 お願いもういちどフランスにくる! (^_^)
2008/07/24(Thu) 22:19:57 | URL | Alineさん #-[ Edit.]
Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。